East African-Japanese Researcher's Network言語選択  en_US en_US  ja ja    

おしらせ

  • HOME »
  • おしらせ

国際人類学民族科学連合18th IUAES World Congress held between 16th -20th July 2018 

 
2018年8月、ブラジルにて開催された国際人類学民族科学連合(International Union of Anthropological and Ethnological Sciences, IUAES)にて日本人研究者とウガンダ人研究者によるパネルが組織され、発表がなされました。
 
OP 061. Diversification and reorganization of ‘family’ and kinship in africa: Cross-cultural analysis on economic discrepancy, conflicts

2017.11.2 Study Meeting@ ILCAA, TUFS ‘Modification (FGM) a Development Issue in Africa?: Evidence Based Analysis from the Pokot Kenya-Uganda Border Ethnography’

平成29年度ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)「女性研究者による国際共同研究」と「アフリカ潜在力」と現代世界の困難の克服:人類の未来を展望する総合的地域研究、ジェンダー・セクシュアリティ班による第5回研究会が開かれました。
 
本研究会では、ウガンダ・マケレレ大学社会科学研究科(社会学・人類学)の若手研究者、クリス・オペセン氏が、ケニア・ウガンダの国境周辺にくらすポコットの人びとの村落にて行った長期の参与観察にもとづく調査からFGMの現在について発表。京都大学の中村香子氏がコメンテーターを務めました。
 
◆日時:2017年11月2日(木) 15:00~17:00
 
◆場所:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 304
 
◆演者:クリス・オペセン
    (マケレレ大学<ウガンダ>社会科学研究科<社会学・人類学>・研究者)
 
◆演題:Is Female Genital Modification (FGM)a Development Issue in Africa?: Evidence Based Analysis from the Pokot Kenya-Uganda Border Ethnography
 
◆要旨

Abstract

Introduction and Objective

This presentation attempts a critical discussion of the

ホームページを開設しました。

African-Japanese Researcher’s Networking Groupのホームページを開設しました.…

言語選択  en_US en_US  ja ja

最近のおしらせ

過去のおしらせ

  • facebook

Admin Info

PAGETOP
Copyright © East African-Japanese Researcher's Network All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.